Ms. Robyn Nadler, Of Counsel, Morrison & Foerster
9 March 2013

こ の講演では、証券の募集に関する基本概念及び用語法について紹介しました。この講演は、翻訳者が証券関連翻訳を取扱う場合に直面する課題に重点を置き、引 受契約に当たりながら、取引構造、レギュレーション及びドキュメンテーションについて触れました。また、証券の募集に関する重要単語リストも配布資料の中 で提供されました。

ロビン・ナドラー弁護士は、米国の法律事務所であるモリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所の東京オフィ スのオブ・カウンセル。ナドラー弁護士は同事務所において主に証券の募集、ホワイトカラー・コンプライアンス及びアセットマネジメントの業務を取扱う。ナ ドラー弁護士はいわゆる「マジックサークル」に属する法律事務所の東京オフィス及びニューヨークオフィスにおける勤務経験を有し、そこでは主に証券の募集 を取扱った。また、米国のアセットマネジメント会社の日本子会社のリーガル&コンプライアンス部門の長を務めた。日本において合計15年を超える実務経験 を有する。オーストラリア国立大学で文学士号(アジア研究)及び法学士号(LL.B.)を取得。ニューサウスウェールズ、ニューヨーク州及びイングラン ド・ウェールズにおける弁護士資格を有するほか、日本において外国法事務弁護士として登録。ChambersやIFLRのリーガル・ディレクトリにおい て、キャピタル・マーケッツ分野における著名な弁護士として名前が挙げられている。

スライド