Log in

Password not working as expected? Reset your password.

JATENT 第2回イベント 英日ハンズオンデー

JATENT第2回イベント 英日ハンズオンデー (全編日本語でのワークショップです)

エンターテインメント翻訳分科会 「JATENT」 (ジャットエンタ)の第2回イベントとして、英日の映像翻訳およびゲーム翻訳のワークショップを本年12月14日土曜日、14:00~17:00に東京・渋谷の「T’s渋谷フラッグ」にて開催いたします。

(※全編日本語セッションです)

17:30から「卓球酒場ぽん蔵 渋谷2号店」で交流会も併催いたします。JAT未加入の方々のセッション参加(参加費が変わります)、交流会のみのご参加も大歓迎です。今回は全編ワークショップ形式ということで、専門外の方はハードルを高く感じるかもしれませんが、他のジャンルの方々にも入り込みやすい工夫を映像翻訳、ゲーム翻訳側それぞれで心がけています。また、交流会には前回に引き続き、様々なジャンルの方々にご参加いただける見込みです。娯楽関連の通翻訳に興味のある皆様、どこからネットワーキングや勉強を始めるべきか迷い中の皆さんなど、多種多様な顔ぶれにお越しいただければ何よりです。

 - - - 

開催日: 2013年12月14日 (土)

時間: 14:00 ~ 17:00
開場: 13:30  開演: 14:00  交流会: 17:30~
会場: 東京・渋谷 T’s渋谷フラッグ
所在地: 東京都渋谷区宇田川町33-6 Shibuya Flag 7F・8F (渋谷駅徒歩5分)
電話番号: 03-5457-7881

参加費:

1) ワークショップ: JAT会員 無料 会員以外 2,000円

2) 交流会: 3,000円 (飲み放題)

参加申し込み: ワークショップ、交流会ともに PeaTiX を通じてお申し込みください。

ワークショップの参加費は PeaTiX を通じて事前にお支払いください。

交流会については PeaTiX で無料に設定してあるチケットをご購入いただいたうえで、

参加費そのものは当日、会場にてお支払いください。

交流会: 17:30~20:00
場所: 卓球酒場ぽん蔵 −渋谷2号店−
 

問い合わせ(Eメール): エンターテインメント翻訳分科会(JATENT)

 - - -

時程

14:00 ~ 14:50 英日ゲーム翻訳 訳注ワークショップ 「猫の手訳注・孫の手訳注」

14:50 ~ 15:00 休憩

15:00 ~ 16:40 英日映像翻訳ワークショップ

          「字幕&吹き替えワークショップ〜ポイントの違いを訳に生かそう」

17:30 ~      交流会

 - - -

今回は「JATENT第2回イベント 英日ハンズオンデー」と題し、
全編日本語での英日翻訳ワークショップを予定しています。

真打ちの 「字幕&吹き替えワークショップ ~ポイントの違いを訳に生かそう」 では
英日字幕翻訳、英日吹き替え翻訳の両方でご活躍中の尾形由美氏をゲストスピーカーにお招きし、
字幕と吹き替えそれぞれの特色や制約を対比させたワークショップを予定しています。

前座の 「英日ゲーム翻訳 訳注ワークショップ 猫の手訳注・孫の手訳注」 はJATENT共同代表の長尾龍介がスピーカーを務め、英日ゲーム翻訳の訳注を翻訳物の付加価値にするための工夫を参加者の皆様と共に模索していければと考えております。

 

講師紹介 (敬称略)

 

ゲストスピーカー: 尾形由美 (おがた ゆみ)

映像テクノアカデミア卒業

卒業後、東北新社の翻訳室に約13年勤務

フリーを経て現在はオフィスPAC所属 (映像翻訳のみ)

<代表作>

【字幕&吹替】 「ザ・ホワイト・ハウス」 「ヴェロニカ・マーズ」

「One Tree Hill/ワン・トゥリー・ヒル」 (スーパー!ドラマTVでオンエア中)

【吹替】 「ディクテーター 身元不明でニューヨーク」 「人生はノー・リターン」

「クローン・ウォーズ シーズン3」

【字幕】 「親愛なる君へ」 「キングダム/見えざる敵」 「ホステージ」 (AXNでオンエア中)

【日本語台本】 「華麗なる遺産」 「THE BRIDGE/ブリッジ」 (北欧オリジナル版)

 

スピーカー: 長尾龍介 (ながお りょうすけ)

英日・日英デジタルゲーム翻訳者。コンシューマ機およびモバイル対応タイトルの英日翻訳を手がける。

得意ジャンルはミリタリー系、ファンタジー系。

最近の翻訳従事タイトル: 『ヘイ・デイ』 『クラッシュ・オブ・クラン』 『ぷにぷにパニック』 『ねじ巻きナイト』 ほか多数。

Next entry: Caroline Pover on “Reaching Readers: From Idea to Market”

Previous entry: Tokyo Bonenkai 2013

Return to: Home | Events