Log in

Password not working as expected? Reset your password.

October 23 KAT Translation Seminar in Hiroshima

第一部:「英文和訳」から「英日翻訳」へ

講演者:大越正浩​

1. あの名作はこんな英語に訳されている

  英訳者も苦労している……​

2. 英語にあって日本語にないもの

  「主語」が無ければ英語じゃない!

3. 「英語が透けて見える」日本語になるのは何故?

  「ない」と「省略されている」の違い~日本語の「主語」論争​

4. 言葉の違いは発想の違い

  考え方・視点の違いを踏まえた「翻訳」へ​

5. ワークショップ​

6. Q&A​

第二部:「翻訳」について語るとき私が語ること

講演者:牧野ポール

​1.文学部出身日英技術翻訳者が語る翻訳の面白さ

   私が翻訳の世界に魅せられつづける理由 

2.ソースクライアント社内翻訳者の可能性と限界

   企業の中の人としての翻訳者のポジショニング​

3.翻訳メモリは本当に翻訳者を不幸にするのか?

   知識を構築するツールとしての翻訳メモリ入門​

4.翻訳者になるために通るべき道

   どのような勉強をすればいいのか​

5.Q&A​

日時:2011年10月23日 13:30-16:30​

場所:チサンホテル広島 会議室「Male III」

http://www.solarehotels.com/chisun/hotel-hiroshima/?cid=adws_spe_ex_612​

住所:〒730-0016 広島県広島市中区幟町14-7

TEL:082-511-1333 / FAX:082-511-1383​

参加費:JAT会員は無料、一般は1,000円 事前申し込みは必要ありません。​

17時すぎより八丁堀付近で交流会を予定。詳細は後日。

お問い合わせはこちらまで: IJET-23@jat.org

Next entry: Tokyo Meeting December 10, 2011

Previous entry: JATLAW Seminar: Translating Employment Rules 101

Return to: Home | Events