Log in

Password not working as expected? Reset your password.

証券の募集―重要概念及び用語法

ロビン・ナドラー弁護士

開催日: 2013年3月9日(土)
時間: 15:00〜17:00
会場: 東京商工会議所 会議室401
所在地: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2
http://www.tokyo-cci.or.jp/english/Location.html
電話番号: 03-3283-7500
参加費: JAT会員・・・無料 / 非会員・・・1,000円
(事前登録は歓迎ですが、必須ではありません。)

交流会: 17:30〜19:00(20名まで)
スタンドT
新丸ビル1階 (東京駅側)
その後お夕食に移動されたい方は、18:45〜新丸ビル7階 ソータイアドへ(15名まで)

問い合わせ:jatlaw@jat.org

アウトライン
この講演では、証券の募集に関する基本概念および用語法についてご紹介いたします。この講演は、翻訳者が証券関連翻訳を取り扱う場合に直面する課題に重点を当て、引受契約に焦点を当てつつ、取引構造、レギュレーションおよびドキュメンテーションについて触れます。また、証券の募集に関する重要単語リストもご提供いたします。

講師について
ロビン・ナドラー弁護士は、米国の法律事務所であるモリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所の東京オフィスのオブ・カウンセルです。ナドラー弁護士は同事務所において主に証券の募集、ホワイトカラー・コンプライアンスおよびアセットマネジメントの業務を取り扱っています。ナドラー弁護士はマジックサークルに属する法律事務所の東京オフィスおよびニューヨークオフィスにおける勤務経験を有し、そこでは主に証券の募集を取り扱っていました。同弁護士はまた、米国のアセットマネジメント会社の日本子会社のリーガル&コンプライアンス部門の長を務めた経験もあります。ナドラー弁護士は日本において合計15年を超える勤務経験を有します。同弁護士はオーストラリア国立大学でB.A.(アジア研究)およびLL.B.を取得し、ニューサウスウェールズ、ニューヨーク州ならびにイングランドおよびウェールズにおける弁護士資格を有するほか、日本において外国法事務弁護士として登録されています。同弁護士は、ChambersやIFLRのリーガル・ディレクトリにおいて、キャピタル・マーケットの分野における著名な弁護士として名前を挙げられています。

今回のセミナーは英語で行われます。質問の方は英語も日本語も可

Next entry: Planning Meeting

Previous entry: An Agency Perspective

Return to: Home | Events