Log in

Password not working as expected? Reset your password.

映像翻訳:映画、テレビとその後

イアン・マクドゥーガルさんとデビッド・ニストさんが映像翻訳について討論します。映像翻訳とは何なのでしょうか?映画とテレビの字幕だけなのでしょうか?それとも漫画、ゲーム、吹き替え、ナレーションの台本なども含まれるのでしょうか?映像翻訳は、人気が高いすきま市場といわれていますが、どのぐらいの需要があるのでしょうか?よい映像翻訳者とは、どのような翻訳者なのでしょうか?他の翻訳との違いはあるのでしょうか?どのように参入し、生き残っていけばよいのでしょうか?

経験豊富な日英映像翻訳者のお2人に、ご自身の経験を実例として交えながら、こうした疑問について討論形式でお答えいただきます。司会進行役は、東京地区活動委員会のフリーランス翻訳者であり、日英映像翻訳者の卵でもあるジュリアン・ロングが担当します。

(今回のセミナーは英語で行われます。)
 

講師プロフィール

イアン・マクドゥーガル
「たそがれ清兵衛」、「おくりびと」など、500もの作品の字幕を手がける。コピーライター、ナレーター、声優、吹き替え版の監督としても活躍中。

デビッド・ニスト
メディア・コンテンツの字幕作成、報道資料の執筆、翻訳のほか、「ラストサムライ」、「ほたるの星」などの長編映画の制作に参加。フルタイムの翻訳者/作家として活躍する傍ら、短編・長編映画の企画、制作にも携わる。


開催日:2012年3月17日(土)
時間: 14:00~17:00
会場: "フォーラムエイト" http://www.forum-8.co.jp/access/index.html
所在地:東京都渋谷区道玄坂2-10-17(渋谷駅徒歩5分)
電話番号:03-3780-0008
参加費:JAT会員・・・無料 / 非会員・・・1,000円(事前登録不要)
交流会: 5時15分から
場所: Goodbeer faucets http://goodbeerfaucets.jp/
交流会参加費用:2000円(飲み物別料金)
問い合わせ:tac@jat.org

Next entry: Translation Seminar in Hiroshima (Pre-IJET-23 Event)

Previous entry: Translation Seminar in Osaka

Return to: Home | Events