Log in

Password not working as expected? Reset your password.

メーリングリスト利用規約

この利用規約は、日本翻訳者協会(JAT)メーリングリストの利用に関するJATの方針を定めたものです。メーリングリストへのアクセス方法、利用者のアカウント管理方法、英語および日本語でのメールの投稿および受信方法については、「よくある質問(FAQ)」を参照してください(注:FAQは現在改訂作業中です)。また、日本翻訳者協会細則第9も参照してください。

はじめに:JATメーリングリストとは?

JATメーリングリストとは、日本翻訳者協会の公式メーリングリストです。会費を納入済みの会員(「優良会員」)だけが、このメーリングリストを利用できます。

1条  メーリングリストの目的

JAT-List
JAT
にはいくつかのメーリングリストがありますが、その中でJAT全会員を対象としているのがJAT-List (jat-list@jat.org)です。
JAT-Listは、言語、技術、業界動向、または訳出上の不明点や疑問点など、翻訳および通訳に関する問題を議論することを目的としています。その一方で、組織としてのJATのあり方や、JATの運営方法(あるいは運営姿勢)に関する話題は、JAT-Listにはふさわしくないとされています。かつて、このような内容の投稿に対して苦情を述べたり、延々と続く議論に嫌気がさしてメーリングリストを脱退したりする会員がいたためです。

2 JAT-Listにふさわしい投稿とは?

「日本語と英語間の翻訳に関する話題について投稿して下さい」というのが、JAT-Listのほぼ唯一の制約事項です。
投稿の内容が本メーリングリスト上の話題と直接関係している場合を除き、他のメーリングリストもしくはUsenetのニュースグループから同じ情報を投稿すること(クロスポスト)は禁止されています。口汚い言葉や下品な言葉の意味や訳し方が取り上げられる場合でも、議論そのものは節度ある言葉づかいでお願いいたします。
投稿者は、投稿メールが「真実かつ公正」であるかぎり、どんな話題でもJAT-List上で討議できます。たとえば、「A社は過去に支払いが遅れたことがある」と投稿することはできます。しかし、「A社は翻訳料の支払いに関しては最悪の会社だ」などと主観を交えて投稿することはできません。

2.1. JAT-Listにおける翻訳・通訳エージェンシーの問い合わせ
エージェンシーについて確認するために投稿する際は、できる限り詳細な情報を提供してください。これには二つの基本的な理由があります。

第1に、世の中には同名、あるいは非常に類似した社名を持つエージェンシーが数多くありますので、それらの混同を避けるためです。

第2に、ある会社が、悪評が立った後に会社名だけ変更して事業を再開した場合(そういう例が過去にありました)、住所、電話番号、担当者名などの情報が、名前はちがっても実体は同じであることの有効なヒントになるからです。

さらに返信を投稿するときにも、コメント内容を「公正かつ真実」に保つということを忘れないでください。体験によって直接知り得たことや、証拠の裏付けがあることのみに言及するのが安全です。JAT-Listにはさまざまなメンバーが参加しています。話題となっているエージェンシーで働く人が、参加している可能性もあります。

2.2. フルネームを使用すること
投稿者は、それぞれの投稿メールの終わりに、JATに登録した氏名をフルネームで記載しなければなりません。

3. 不適切な投稿

3.1. 会社による投稿
このメーリングリストはJATの会員専用であり、JATに入会できるのは個人に限られています。従ってもし、投稿者が翻訳エージェンシーなどの社員であったとしても、勤め先の会社名でなく投稿者個人の名前で投稿するようにしてください。

3.2. 個人攻撃
活発で建設的なやりとりは大いに歓迎します。ただし、議論が高じて人身攻撃に陥らないよう注意が必要です。意見を批判することは自由ですが、対象のメールを送った人への個人攻撃は控えて下さい。そのようなやり取りを続けたい場合は、メーリングリストの外でお願いします。

3.3. 会員以外による投稿
仕事仲間、配偶者、家族などとコンピューターを共有している人も多いでしょうが、このメーリングリストに投稿できるのはJAT会員のみです。

3.4. その他、JAT細則9条記載事項を参照してください。

4.メール内容の責任の所在について

JAT-Listには複数のモデレーターが登録されており、投稿されるメールすべてに目を通しています。 ただしモデレーターは、投稿の内容について責任を負うわけではありません。JATメーリングリストは、登録メンバーに配信される前に投稿内容の審査を行っていないという意味において、「監視されて」いないメーリングリストです。
JATメーリングリストの管理者は、中傷メールが一切生じないようにするために「妥当な注意」を払っていると、予め関係者全員に明らかにしています。したがってもし中傷的なコメントがなされた場合は、「JATメーリングリストの管理者が利用者全員に対し、真実かつ公正なコメントをするように通知している以上」、一切の責任はそのコメントを書いた本人にあるとみなされます。各会員が何に対して責任を追っているかについては、各投稿メールの末尾にある注意書きをお読み下さい。 

5.メーリングリスト規則

JAT-List を含むJATのすべてのメーリングリストには、細則および本利用規約に記載されるJATメーリングリスト方針が適用されます。
違反者は、以下の手順に従って、メーリングリストに投稿する権利を失うことになります。

1回目の違反:2日から1週間にわたる投稿権停止

2回目の違反:1週間から1か月にわたる投稿権停止
3回目に違反した場合、JAT理事会による違反者の会員資格の再検討が自動的に発動されます。

上記に関して:
制裁の程度は、メーリングリスト管理者の裁量により判断されます。その際、違反のタイミングも考慮の対象となります。たとえば、初回の違反から5年も経ってから2回目の違反があった場合は、制裁が下されるとは限りません。しかし、最初の違反から数日内、あるいは数週間内に2回目の違反があった場合は、確実に制裁が課されます。

本利用規約に関するご意見はすべて、JATウェブマスターへお寄せください。