ファイナリスト  J16 中桐裕佳 J30 Mariko Green J36 Kobayashi Hiroko 

第2位 J35 福田秀樹 

第1位 J47 廣瀬麻微

 

J16 中桐裕佳

自動運転高速道路 夢の実現に向けて

1939年に開催されたニューヨーク万国博覧会でゼネラルモーターズが展示したフューチュラマは、技術の進歩によって生まれた未来の高速道路の姿を描いていた。「電波による自動制御」で安全な車間距離を保ちながら、車が最高時速80キロメートル(50マイル)でカーブを曲がり、自動走行している世界である。都市部では道路の上に歩道が造られ、歩行者は歩道の下を走る車と接触することなく安全に通行することができる。光り輝く超高層ビル、壮大な高速道路網、効率的な移動の可能性。これらが作り出す新たな都市の夢に、展示を訪れた数十万の人々は魅了された。しかし、未来の高速道路であっても、これは非現実的すぎるのではないだろうか?1930年代後半に発表されたこの構想は、そこからわずか21年後、1960年の交通システムとして描かれていたのである!

フューチュラマが大人気を博したことを受けて、ゼネラルモーターズは次回1964年開催のニューヨーク万国博覧会でもフューチュラマⅡを出展した。フューチュラマⅡで示された「近未来」では、「未来の都市」にはコンピューター制御された車が素早く、安全に、効率良く走る道路が広がり、その上に人が住む町を造ることで、あらゆる交通問題をなくすことが可能になる。また、動く歩道によって歩行者は早く安全にショッピングエリアや他の施設に移動することができる。この「未来の都市」を実現させるために、5階建ての高さの原子力道路建設機械が1日24時間稼働して、地面より高い位置に4車線道路を毎時1.61キロメートル(1マイル)建設する。環境に及ぼす影響は配慮されず、30.5メートル(100フィート)のレーザーカッターが道路建設機械の前で樹木を伐採し、木々の成長を妨げるための化学薬物をきれいな空気の中にまき散らす。巨大な道路建設機械の両側で、まばゆいばかりの都市がジャングルから出現する。

最近では、1991 年に成立した総合陸上輸送効率化法で米国運輸省(USDOT)の自動運転道路システム(AHS)プログラムが認可され、このプログラムは「完全自動運転の高速道路システムの将来的な実現に向けて、自動化された高速道路と車両のプロトタイプを開発する」というもので、これにより、さらに効率的で安全かつ予測可能な自動運転に必要な構想と技術を示すことを目指していた。

AHSプログラムは高速道路での完全自動運転実現に向けて、米国自動走行システム組合(NAHSC)の設立を指揮した。NAHSCは自動車メーカーやインフラ建設企業、さらに国や地方自治体の運輸局など輸送に関係する機関で構成されていた。また、交通に関する最高レベルの学術研究機関や、エンジニアリング、コミュニケーション、航空宇宙分野などの企業から支援を受けていた。NAHSCの活動は、1997年8月にカリフォルニア州サンディエゴの州間高速道路15号線で行われたAHSの概念実証実験の成功をもって終了した。実験では、通常は他の車両と区切られたHOVレーン(多人数乗客車専用車線)になっている2つの車線を使用して、20台以上の完全自動運転車両が4日間トラブルを起こすことなく走行した。実証実験の参加者は「手放し、足いらず」の運転を体験し、未来の高速道路への期待が人々の間で膨らんだ。

AHSプログラムは1997年の実証実験をもって終了したが、自動運転の構想は引き続き様々なところから出されている。例えば、車両を列車に載せて移動させることで交通の効率性が大きく向上するという意見や、最も機能的な複合一貫輸送を構築する革新的な機械システムを提案する未来学者もいる。一方、地下に自動高速道路を建設するという意見もあり、地下にトンネルを掘って主要な都市部を結んだり、一つの都市の中で地下に道路を走らせるというものだ。

自動運転の高速道路を提唱する人々は、自動運転によって2030年から2060年までの間に交通問題は解決されると予測している。このような意見に対し、構想の実現には大きな課題が立ちはだかり、遠い未来であっても技術的、商業的、環境的に困難だと主張する交通問題の専門家もいる。

J30 Mariko Green

自動運転道路の夢
https://www.fhwa.dot.gov/publications/publicroads/07july/07.chm

1939年に開かれたニューヨーク万国博覧会では、ゼネラルモーターズ館フューチュラマにおいて技術的に進歩した未来のスーパーハイウェイの構想が展示された。それは自動電波制御を使い、車が安全車間を維持しつつ最高時速80キロ(50マイル)で曲線道路を走行するという世界だ。都市部では歩道が車道の上に敷かれ、歩行者は交通事故の心配もなく歩くことができる。きらびやかな超高層ビルの間に目を見張るような高速道路が伸び、より自由に移動ができる夢の世界。数十万もの訪問客がこの未来の夢に魅せられた。途方も無い話のように聞こえるだろうか。1930年代末期のこの構想は、なんと当時からたった21年後、1960年の輸送システムを描いたものだったのだ。

この展示が大好評を博したため、ゼネラルモーターズは1964年、次のニューヨーク万博でフューチュラマⅡを展示した。ここでは「近未来」が描かれ、その「未来の都市」では、進化した高速道路の上に都市を築くことであらゆる交通上の問題 を解消し、コンピュータ制御の車が素早く安全に、そして効率よく走っていく。人々は動く歩道を使い、安全に短時間で店や目的の場所へとたどり着く。この構想を現実化するため、5階建のビルほどの高さの原子力道路建設機が24時間休むことなく働き、 4車線の高架高速道路を毎時1.61キロメートル(1マイル)建設していくという想定だ。 環境面の問題など全く気にせず、道路建設に先立ち長さ30.5メートル(100フィート)のレーザーが木々を伐採し、化学物質を撒いてその再生も抑制済みだ。ジャングルの中、巨大な道路建設機の両脇に眩いばかりの都市が現われた。

最近では1991年に総合陸上輸送効率化法が制定され、合衆国運輸省(USDOT)の自動制御ハイウェイシステム(AHS)計画が開始した。高速道路運転をより効率よく、安全かつ予測可能なものとするための構想と技術の実証を目的とし、“完全自動化した、高度な交通システムの開発を将来的に見据えた自動制御道路と試作車の開発”が推進された。

AHS計画は、この構想を実行すべく国家自動制御ハイウェイシステム協議会(NAHSC)の結成へと発展した。NAHSCには、自動車製造業、インフラ建設業者、国家および地方自治体の運輸関連省庁などの交通関係者が参加し、また最高峰の輸送関連学会や、エンジニアリング、通信および航空宇宙といった専門企業からの協力もあった。NAHSCによる研究の成果として、1997年8月、カリフォルニア州サンディエゴ州間高速15号線においてAHSの実演デモが行われた。HOVレーン(複数乗客車優先レーン)2車線を独占的に使い、4日間にわたって20台以上もの完全自動制御車が見事に走行した。このデモの参加者たちは「手も足も使わない」運転を体験し、手の届きそうな未来の夢を大衆に与えた。
1997年のデモをもってAHS計画は終了となったが、自動運転道路の概念はその後も様々なところで見られる。例を挙げると、一部の未来学者は、車を列車に乗せ移動させた方がはるかに効率がいいと主張し、複合輸送の困難を解決する革新的な自動システムを提唱した。また、 主要都市間や大都市圏内の地下にトンネルを掘る方式の自動運転地下道を提案した人々もいる。

自動運転道路を唱える人々は、2030年から2060年の間にはこれが実現され、交通輸送上の諸問題がなくなるだろうと考えている。これに異を唱える人々もいる。一部の輸送専門家は、この構想には多くの障壁が立ち塞がるとみており、かなりの年月をかけても技術的、商業的、または環境面の理由から実現が不可能であろうと確信している。

J36 Kobayashi Hiroko 

高速道路での自動運転を夢見て

 1939年のニューヨーク万国博覧会では、ゼネラルモーターズ(GM)館の「フューチュラマ」で、先進技術あふれる高速道路の未来像が展示されました。高速道路を走る車は、無線の自動制御機能により、安全な車間距離を保ちながら、最高時速80キロ(50マイル)でカーブを曲がります。また、都心には高架式の歩道が作られ、人々は高架下を走る車の危険にさらされず安全に移動できるのです。GM館を訪れた何十万という人々は、美しく光る超高層ビル、目を見張る高速道路、そして、より優れた移動性が約束された夢のようなこの新しい都市に魅了されました。読者の皆さんには、ありえない話に聞こえるでしょうか。1930年代末に作られたこの未来像は、なんとわずか21年先である1960年の交通システムを想像したものだったのです!
 
 フューチュラマの大成功を受け、GMは次の1964年のニューヨーク万博でフューチュラマIIを主催しました。フューチュラマIIが描く「近未来」の都市「シティー・オブ・トゥモロー」は、都心の生活拠点が高速道路を超える高さに建設され、あらゆる交通問題から解放されています。最新式の高速道路上には、コンピューターガイド式の自動車が、軽快かつ安全に、そして効率良く走行しています。また、人々は動く歩道を使って、早く安全にショッピングエリアなどへ移動できるのです。この近未来像を現実にするためには、5階建ての高さの原子力道路建設機械が毎日24時間稼働し、高架式の4車線高速道路を毎時1.61キロ(1マイル)のペースで建設していきます。また、環境への配慮が全くありませんが、道路建設機械に先行して全長30.5メートル(100フィート)の機械がレーザーで木々を切断し、伐採後の地面に草木が生えぬよう薬品を散布していきます。このようにして、巨大な建設機械の両脇のジャングルから、きらびやかな都市が出現していくのです。
 
 ここ最近では、1991 年の総合陸上交通効率化法により、米運輸省AHS(自動化高速道路システム)計画が認可されました。この計画は、高速道路運転の効率性、安全性そして予測可能性の向上に必要なビジョンと技術の実証を目指して、自動運転可能な高速道路と車両のモデル開発を行い、このモデルを未来の完全自動高度高速道路システムのベースとするものです。
 
 このビジョンを実現すべく、AHS計画が原動力となって全米自動高速道路システムコンソーシアム(NAHSC)が結成されました。コンソーシアムは、自動車メーカー、インフラ建設業者、州および地方の運輸行政機関などの交通関係者で構成され、トップレベルの交通関連学術機関や、エンジニアリング、通信および航空宇宙企業の支援を受けました。このコンソーシアムの成果がピークを迎えたのは、1997年8月、カリフォルニア州サンディエゴの州間高速道路15号線で行われたAHSのコンセプト実証デモでした。デモでは、他の交通を遮断し保護された二車線(通常は相乗り車やバスなどが走る専用車線)において、完全自動化された20台を超える車両が、4日間にわたって完璧な走行を行いました。また、参加者は手足の操作を必要としない運転体験ができ、未来の一端に人々の興味は掻き立てられました
 
 AHS計画は1997年のデモで終了しましたが、高速道路における自動運転のコンセプトは至るところで絶えず出現しています。例えば、一部の未来学者は、電車に自動車を搭載させれば効率性が大きく改善すると示唆し、鍵となる一貫輸送移動を容易にする革新的な機械的手法を提案しました。また、主要都市間や都市内部での接続トンネルの掘削を伴う地下高速道路での自動運転を唱える人もいます。
 
 高速道路における自動運転の支持者は、自動化により2030年から2060年までの間に交通問題が解決されると予想しています。しかし、この考えに賛同しない人もいます。一部の交通専門家は、高速道路での自動運転には多くの課題があり、遠い未来においても、技術的、商業的そして環境的な理由により実現は難しいと考えています。

J35 福田秀樹 

自動運転道路の夢

ゼネラル・モーターズは1939年のニューヨーク万博に、フューチュラマという未来展示を出展しました。主役は先進のスーパーハイウェイ構想で、「自動無線操縦」による自動車が安全な車間距離を保ちつつ、カーブを最大時速80km(50マイル)で曲がります。都市には高架の歩道が設置され、歩行者は下層の車両交通の危険にさらされることなく、安全に移動できます。何十万人もの見学者たちは、輝く高層ビルや目を見張る高速道路が備わり、より快適な移動性を約束された新しい都市の夢に魅了されました。ありえないと思われますか?この1930年代末の未来像は、わずか21年後、1960年の交通システムを予想して描いたものだったのです!

このフューチュラマが大変な人気を集めたので、ゼネラル・モーターズは次にニューヨークで開催された1964年の万博に、フューチュラマIIを出展しました。そこで展示された「近未来」における「明日の都市」では、先進の高速道路の上をコンピュータにより運転される車両がスムーズに、安全に、かつ効率的に移動し、その上層に都市生活の拠点を配することにより、すべての交通問題を解消するとしていました。また、歩行者は動く歩道により、商業地区や他の目的地へ迅速かつ安全に移動できます。この構想を現実のものとするためには、五階建てのビルの高さの、原子力駆動道路建設機械が、四車線の高架高速道路を一時間に1.61km(1マイル)のペースで、1日24時間建設し続けることになります。環境に対して配慮することもなく、この道路建設機械を先導して、全長30.5m(100フィート)のレーザー樹木伐採装置が進み、伐採した区画には、将来の植物生育を抑制する化学薬品を散布していきます。そして、巨大な道路建設機械の両側のジャングルには、輝かしい都市が立ち現われていきます。

さらに近年になると、1991年の総合陸上輸送効率化法に基づいて、「将来の完全自動制御インテリジェント車両-高速道路システム開発につながる、自動運転道路と試作車両を開発する」米運輸省(USDOT)の自動運転道路システム(AHS)計画が認可され、高速道路の車両運転をより効率的、安全かつ予測可能なものとするための構想と技術を実証することとなりました。

このAHS計画に基づき、その構想実現のために国家自動運転道路システムコンソーシアム(NAHSC)が組織されました。NAHSCは、自動車メーカー、インフラ建設企業、州ならびに地域の輸送機関といった運輸関係者から構成され、運輸に関するトップレベルの学術センターや、エンジニアリング、通信、航空宇宙の各企業からの支援を受けました。NAHSCの成果は、1997年8月にカリフォルニア州サンディエゴのI-15(州間高速道路15号線)上で行われたAHSの実証実験に結実しました。そこでは通常は相乗り専用レーンとして使用されている2本の車線の上で、関係車両以外の交通を遮断して、20台以上の完全自動化車両を4日間に亘り支障なく運行しました。この実証試験では、参加者は「手も足も触れない状態」での運転を体験でき、人々に将来への大きな期待を抱かせました。

AHS計画は1997年の実証試験をもって終了しましたが、自動運転道路構想は引き続き様々な方面から提案されています。例えば、一部の未来学者たちは、自動車を列車に乗せれば、著しく大きな効率化が得られる可能性があるとして、総合一貫輸送を推進するための革新的な機械的方法について提案しています。また、中核都市圏の間、あるいは大都市内の各地域の間を結ぶチューブを埋め込んだ、自動運転地下道路を提案する人もいます。

自動運転道路の提案者たちは、この構想により2030年から2060年までの時間枠の輸送問題は解決されると考えていますが、意見を異にする人たちもいます。輸送の専門家たちの一部は、この構想は大変な困難に直面すると見ており、遠い将来においても、技術面、商業面あるいは環境面から見て実現可能とはならないと考えています。

J47 廣瀬麻微

自動運転道路を夢見て

1939年のニューヨーク万国博覧会でゼネラルモーターズ社が展示したフューチュラマは、先進的な技術を取り入れた高速道路の構想を取り上げたものだった。それによると、自動車は「自動無線操縦」を利用して安全な車間距離を保つことで、時速80キロメートル(50マイル)でカーブを曲がるという。都市部では歩道を空中に設け、歩行者はその下を往来する自動車の危険にさらされることなく、安全に移動することができる。光り輝く超高層ビル群や壮大な高速道路を備え、交通の利便性が高まるのではないかという期待感を抱かせる新しい都市の未来像に、数多くの来場者が心を奪われた。そんなことは不可能だと思われるだろうか。1930年代後半に練られたこの構想は、1960年、万博からたった21年後の未来の交通システムを念頭に置いていたのである。

フューチュラマの展示が爆発的な人気を集めたため、続いて1964年に開催されたニューヨーク万国博覧会に、ゼネラルモーターズ社はフューチュラマⅡを出展した。フューチュラマⅡによると、「近未来」では、先進的な高速道路の上に都市部の居住空間を建設することで、「明日の都市」はあらゆる交通問題を解消するという。高速道路では、コンピュータによって制御された自動車が速く、安全に、効率よく走る。歩行者は動く歩道により、ショッピングエリアやその他の目的地まで素早く、安全に移動することができる。この構想を実現するために考えられたのが原子力で動く5階建ての高さの道路建設機械であり、それを昼夜問わず稼働させ、1時間に1.61キロメートル(1マイル)という速さで4車線の空中高速道路を建設するというのだ。また、環境への配慮はさておき、道路を建設する前には全長30.5メートル(100フィート)のレーザー式伐採機を使い、切り開いた土地に化学薬品を散布して、樹木の生育を阻害する。巨大な道路建設機械が通るそばから、ジャングルの中に目もくらむような都市が誕生していくという計画だった。

その後、1991年に成立した総合陸上輸送効率化法を受け、米国運輸省(USDOT)は自動運転道路システム(AHS)計画を策定、「自動運転道路とそれに用いられる車両のプロトタイプを開発し、将来的には完全に自動化された高度道路交通システムの構築を目指す」として、車の運転をより効率的かつ安全で予測可能なものにするための構想や技術を提示した。

そのAHS計画が先導となり、この構想を実現するべく、全米自動運転道路システム協会(NAHSC)が設立された。NAHSCは自動車メーカー、インフラ建設企業、州および地方自治体の交通局など、道路交通に関わる諸団体を含み、また、トップレベルの交通学研究センターや、工学、通信、航空宇宙を専門とする各種企業から支援を受けた。活動の集大成として、NAHSCは1997年8月にカリフォルニア州サンディエゴの州間高速道路15号線上で概念を実証するためのデモンストレーションを実施し、他の車両の交通を遮断した安全な2つの車線(通常は相乗り車両専用レーンとなっている車線)で、20台を超える完全自動運転車を4日間にわたって完璧に走行させることに成功した。デモンストレーションの参加者は「手足をフリーに」した運転を体験し、国民はその訪れが待ち遠しくなるような未来の片鱗を味わうことができた。

AHS計画は1997年のデモンストレーションで終止符が打たれることとなったが、自動運転道路の構想は、その後もさまざまな方面から発表され続けている。例えば、とある未来学者たちは自動車を列車に乗せて運ぶことで大幅な効率化を実現することができると述べ、また、現代に必要不可欠な複合一貫輸送を簡易化するための、機械を用いた革新的な方法を提示した。さらには、自動運転道路を地下に設ける、つまり各都市間あるいは大都市圏内の地域をつなぐトンネルを地下に掘ってはどうかと提案した者たちもいた。

自動運転道路の支持者たちは、この構想により2030年から2060年までの間にあらゆる交通問題を解決することができると予測している。それに異を唱える人々もいる。一部の交通学専門家は、実現にあたっては数々の困難が待ち受けており、遠い先の未来であっても技術的、商業的、環境的に見て実現の可能性は低いと考えている。