Professional Information

Profession

Translator

Source Language

Japanese

Target Language

English

Specialties

2006年から翻訳実務を開始し、今年で14年目です。

日英翻訳9.5に対して英日翻訳0.5ぐらいの割合で稼働しています。

2006年から2014年は、人文科学・社会科学系の学術論文の日英翻訳を数多く手がけていました。

2014年から2018年は、企業の内部文書などのビジネス関連文書、企業のウェブサイト、ウェブ雑誌の記事などの日英翻訳を多く手掛け、2018年の途中から今年にかけては、ウェブ雑誌記事や専門家の論考の日英翻訳を数多く手掛けています。

主に政治や経済、国際情勢、時事問題、ジャーナリズム関係を得意としています。国際政治や歴史、哲学、文化人類学、経済など主に人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳経験が豊富です。

国際会議資料やビジネス関連の報告書、ニュース記事、マーケティング文書、ウェブ掲載のコンテンツの翻訳も可能です。

主な翻訳実績

2006年

・世界食肉会議関連文書の和訳

・FIFAワールドカップ・ドイツ大会和訳プロジェクト

・人文科学・社会科学系の学術文書の英訳多数

2007年

・英国政府機関のスーダンの人権状況報告書の和訳(法務省プロジェクト)

・米国の核実験に関する報告書の和訳(防衛省プロジェクト)

・人文科学・社会科学系の学術文書の英訳多数

2008年~2013年

・人文科学・社会科学系の学術文書の英訳多数

・英字新聞『ジャパンタイムズ』掲載記事の和訳

・シンクタンクの論考の英訳多数

2014年~2019年

・企業の社内報やIR文書、プレスリリースなどビジネス関連文書の英訳・和訳多数

・新聞・雑誌記事の日英翻訳

・大学やシンクタンクの専門家の論考の英訳多数

2018年7月には和訳を担当させていただいた学術書ロバート・マクマン著『冷戦史』が出版されました。

Getting started as a translator in 2006, I worked on many academic papers on the humanities and social science until 2014.

From 2014 to 2018, I worked on many business documents and other related corporate materials.

Since late 2018, I have worked on many articles written by experts in international politics and other related fields and pieces on culture, sports, companies and so on.

My speciality is J-E bureaucratic translation (governmentese). I am also proficient in J-E translation of academic papers in the humanities and social science (politics, government, economy, international affairs, history, religion, anthropology, etc.). My strongest fields are politics, economy, international affairs and other related journalistic issues.

I have also experienced J-E translation in a wide variety of areas, such as philosophy, science and psychology.

In addition, I am also capable of handling materials on international conferences, business reports, news articles, marketing documents and website content.

My Japanese translation of The Cold War by Robert J. McMahon was published in July 2018.

Background

2002年から2006年まで東京のサイマル・アカデミーの翻訳者養成産業翻訳日英コースで行政分野を専攻し、政府関連文書の日英翻訳を学びました。長年のJAT会員であるピーター・ダーフィーが担当講師でした。 2005年10月に英字新聞The Daily Yomiuriの紙上日英翻訳コンテストTesting Translationで優秀賞を受賞したことがあります。 2006年から翻訳実務に関わり始めました。特に人文科学・社会科学系の学術文書や、大学やシンクタンクの専門家による論考の英訳を多く手掛けてきました。個人的に国際政治やそれに関連した歴史に興味があり、オンライン雑誌「シノドス」やJBpressにも寄稿したことがあります。 http://synodos.jp/authorcategory/hiraikazuya

hittp://jbpress.ismedia.jp/search/author/平井 和也

I learned J-E bureaucratic translation (governmentese) at Simul Academy in Tokyo from 2002 to 2006. My teacher was Peter Durfee, who is a long-year JAT member. In October 2005, I won the outstanding prize in a J-E translation contest called "Testing Translation," organized by the Daily Yomiuri. I got started as a translator in 2006. In 2006, I translated English materials on the World Meat Congress, which was held in Australia in 2006, into Japanese. In 2008, I participated in translation projects organized by Japanese government agencies and worked on the E-J translation of long documents on human rights violations in Sudan, national defense, counter-terrorism initiatives and U.S. nuclear tests. I also participated in the 2006 FIFA World Cup translation project (E-J). In 2010, I experienced E-J translation of Japan Times articles. I am also a news writer covering international affairs, contributing to Synodos, a Japanese online magazine: http://synodos.jp/authorcategory/hiraikazuya