本稿は、ジェイ・キルパトリックによって作成され、2005年にIJET-16の抄録集に掲載されました。記事の内容への関心が8月のJATPHARMA会議で高まったため、著者によっていくつかの小修正を行い、セクションを1つ削除し、再発行する運びとなりました。

稿全体の更新は行なっていないため、古い情報が含まれている場合がありますのでご注意ください。それを差し引いても、JAT会員にとって、貴重な情報が多く含まれていると確信しています。(本稿は英文のみです。)

バイオメディカル翻訳(バーション2)