日付:
2017年2月18日
活動:
12:50 pm - 3:30 pm
地域:
印刷博物館

印刷博物館は、凸版印刷の100周年記念事業の一環として2000年に設立され、2002年には日本展示学会学会賞の作品賞を受賞したそうです。
印刷文化に関わる資料の蒐集や研究活動、活版印刷などの印刷を実験するなどの実践や啓蒙活動を行っているそうです。併設されているライブラリーでは印刷機械や技術だけではなく、印刷の歴史や社会的な背景、表現など印刷文化に関わる本全般を扱われているとのことです。
印刷の過去・現在・未来を分かりやすく伝えるため、「かんじる」、「みつける」、「わかる」、「つくる」という四つのキーワードで展示を展開しているそうです。

開催日:2016年2月18日(土)
場所: 印刷博物館
〒112-8531 東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
時間:12:50集合、参加者の集合を確認してからチケットを購入します。
※ 13:00からガイドさんに解説していただきます。
参加申し込み期限:2月12日(日)[JST] までにこちらの登録フォームからの申し込みをお願いいたします。
※ 先着15名様まで。
費用:入場料 – 一般300円
キャンセル期限:申込後にキャンセルまたは集合時間に遅れる場合、2月18日(土)午前10:00 [JST]までにtac@jat.org 宛てにメール、もしくは参加者に後日にお知らせする緊急連絡先の携帯電話へお知らせください。

当日のスケジュール:
12:50:現地集合。
アクセス地図:
http://www.printing-museum.org/access/index.html
1階エントランス前に集合します。

13:00~13:30 解説ツアー(日本語)
13:30~13:50 印刷工房でのしおり作り体験
13:50~15:00 館内自由観覧
15:30 解散

【お知らせ】
印刷博物館の2階にはレストランとカフェがあります。集合時間よりも少し早めに出かけて、ランチを楽しむなどしてはいかがでしょうか。