日付:
2020年9月13日
時間:
1:00 pm - 2:00 pm
場所:
オンライン(日時は日本時間)

***********************
Registration Closed: Invitation email will be sent on September 10th.
***********************

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、私たちの日常生活だけでなく、仕事の面でも、多かれ少なかれ影響を及ぼしていることと思います。
PROJECT 2020では、JAT会員の翻訳者・通訳者3名をパネリストに迎え、コロナ禍での仕事の現状や、ピンチをチャンスに変えるアイディアなどについて、経験談、対応策や率直な意見をシェアしていただきます。世界各地にお住いのJAT会員、通・翻訳者の皆様に、今後のヒントをお届けできればと思います 。(このセッションは日本語と英語(各スピーカーの母国語)で行います。)

---
セッション8の後に交流会(日本時間14:00-15:00)を予定しています。ご参加希望の方はセッション8にお申込みいただき、そのままご参加ください。(セッション8にお申込みいただき、交流会のみご参加いただくこともできます。)
---

パネリスト:

Alex Farrell:
京都在住の翻訳者。テキサス・オースティン出身。5年間英語教育に携わった後、フリーランス翻訳者に転身したのは気づけばもう13年前。自身を「何でも屋さん」と喩え、特許を除く多分野の翻訳案件を引き受ける。先方から引き合いがあったところや登録先、そして実際に取引したこともある企業を含めると、取引先エージェンシー・企業は100社を超える。そのほとんどが日本企業。

Allyson Sigman:
1985年米国生まれ。16歳の時から日本語の勉強を開始、日本留学を3回。2010年ウェスト・バージニア大学院卒業後、米国の日系企業に就職、2017年まで通訳のスキルを社内で磨いた。2018年よりフリーランスの会議通訳者としての活動を開始。得意分野はサイバーセキュリティ、会計、IR、人事、自動車や製造など。2019年の夏に東京に移住。現在、通訳の活動以外にオハイオ州立大学にて通訳基礎講座の講師を務める。通訳の卵たちを育てるのが大好き。現JAT理事(2020-2022)。

宮原 健:
日本国内の複数の企業と教育機関で社内通翻訳者や留学生アドバイザーとして専門知識を培った後、2019年から専業翻訳者として独立。前職で同僚だった通翻訳者や同業者交流イベントで知り合った通翻訳者とチームを組み、世界中にいる50社を超えるエージェンシーや直顧客に英独⇄日の翻訳サービスを提供している。現JAT理事(2019-2021)。

Online PROJECT 2020 トップページへ戻る