日付:
2012年7月21日
時間:
2:00 午後 - 5:00 午後

講師:バートル・ロビン

北米では、電子書籍の激増や有力なネット通販業者の脅威といった面に見られるように、出版業界は大きく変わりつつある。日本における電子書籍出版は今までは概してマンガに限定されてきたが、多くの新しい動きが進行中で、日本の電子書籍市場を主流の顧客向けの市場とするポテンシャルがある。翻訳者にとって日本の国内出版業界の変化は、おそらく余り重要でなくたいして議論の対象にもならないだろうが、グローバルな出版市場にとってはきっと極めて破壊的なものであろう。デジタル配信によって著者と出版社は、それぞれの市場について良く理解している人と翻訳技術を味方につけることさえできれば、海外の顧客に従来の流通ルートを全く通さずに届くことが可能となる。
プレゼンの前半は、米国、欧州及び日本の電子書籍市場の現状分析である。プレゼンの後半は、グローバルな出版業界で生じつつある変化に焦点を合わせるとともに、この業界に参加する翻訳者にとって新しい機会が生まれる可能性につき示唆するものである。

講師プロフィール:
バートル・ロビンは電子書籍出版社サッカムプレス(東京、ロンドン)の最高責任者で創立者です。ロビンは、世界的な通信社ロイターのアジア地区メディアの統括責任者として、輝かしい足跡を残しました。当時、インターネットが登場し、メディアの世界にも、これまでの概念を根こそぎ転換することを迫られるほどの変化が起きていました。ロビンはそこで、同社のニュース市場での立場をより優位で確固たるものにするべく、初のニュースコンテンツ・シンジケート(共同体)のプラットフォームの導入に着手し、成功に導きました。これにより、通信社各社は、ニュースソースを共有できるようになったのです。
今日、インターネットの最前線は、あらゆるデジタルコンテンツを商品化する動きへと移ってきています。ロビンは今まさに、フル装備されたゲーム、音楽、ビデオや他のデジタルコンテンツに負けない、新しいeブックを創り出そうとしています。

(今回のセミナーは英語で行われます。)

開催日:2012年7月21日(土)
時間: 14:00〜17:00
開場:13:30  開演:14:00
会場: フォラムエイート http://www.forum-8.co.jp/access/index.html
所在地:東京都渋谷区道玄坂2−10−17 (渋谷駅徒歩5分)
電話: 03-3780-0008
参加費:JAT会員 無料/非会員 1,000円 (事前登録不要)

交流会:17時15分から
場所: Failte
交流会参加費用: 2,000円 (飲み物別料金)
問い合わせは [email protected]

齊藤 貴昭(Terry Saito)さんのご好意により、7月のTAC月例セミナーはJAT会員向けにライブ配信されます。TACメンバーの丸岡英明さんとJATウェブマスターのチャールズ・アッシュマン さんが、JATウェブサイトに会員専用のライブ配信視聴ページを立ち上げてくれました。こちらからアクセスしてください。

http://jat.org/ja/events/videos/jat_live_broadcast
配信を視聴するには、ページの一番上に表示されるパスワードを入力する必要がありますので、ご注意ください。