私のプロフィールは誰が閲覧できるのでしょうか?

会員になると、アカウントページで「プロフィールに表示」を選んだ情報が、翻訳者を探すページ(会員名簿)に掲載されます。翻訳者を探すページに掲載されると、翻訳者、又は通訳者を探している人が閲覧することになり、仕事に繋がる可能性があります。「JAT会員名簿に公開しない」を選んだ場合、翻訳者を探すには掲載されなくなりますが、他のJAT会員はフォーラムのページからプロフィールを見ることができます。JATとしては、会員の個人情報は、会員の許可なくして、外部だけでなく、会員間でも漏洩しないよう注意をしています。

アカウントページに情報を書き込んでいただく際に、プロフィールに表示するかどうかを項目ごとに自分で設定できるようになっています。

個人情報は非公開にしたいのですが、どうすればいいでしょうか?

入会時に登録していただいた住所、メールアドレス、電話番号等は基本的に非公開とさせていただきます。アカウントページで、種々の情報を書き込んでいただきますが、プロフィールに表示するかどうかは項目ごとにご自分で設定していただきます。「JAT会員名簿に公開しない」を選んだ場合、翻訳者を探すには掲載されなくなりますが、他のJAT会員は、フォーラムのページからプロフィールを見ることができます。

会員名簿に掲載してもらうにはどうしたらいいですか?

翻訳者を探すページへの掲載は会員の特権です。入会の申し込みをし、メールアドレスの確認をした後、JATウェブサイトにログインし、アカウントページに進んでください。すべての欄を記入し、「プロフィールをJAT会員以外に公開しない (他のJAT会員はプロフィールを見ることができます)。」のボックスからチェックが外れていることを確認してください。(アカウントページの各欄の横にある「プロフィールに表示」のチェックボックスを使って、項目ごとに表示/非表示の設定をすることができます。)

アカウントページの「専門情報」に記載した情報がそのまま掲載されますので、プロフィールはクライアントになりうる人が検索したときにわかりやすいよう、記載することをお勧めします。この検索ページは、専門分野に関するキーワード、地域、言語によってクライアントが翻訳者・通訳者を探しているときに参考にするものですので、できる限り詳しく記入してください。

ウェブサイトに掲載される私のプロフィールページのURLは?

JATサイト上の会員専用URLは、jat.org/ja/translators/profile/XXXXです。JAT会員名簿で自分のプロフィールを検索してみてください。

プロフィールは公開すべきですか?

会員はプロフィールの全部又は一部を公開できます。個人的な事情で一部の情報を非公開にする会員もいれば、顧客からの問い合わせを受けやすいよう多くの情報を公開する会員もいます。連絡先情報と仕事情報(経歴や専門分野など)は、一般に公開するか、会員限定で公開するかを選ぶことができます。この設定はアカウントページで変更できます。(新規クライアントからの仕事には興味がないが、プロフィールを会員名簿に掲載しておきたいという方は、「現在、新規のご依頼には対応しておりません」などと明記することもできます。)

私のプロフィールに興味を持った人は、どのように連絡してくるのですか?

会員になると、会員専用のURL(jat.org/translators/profile/XXXX)が提供されます。アカウントページの「Eメール」セクションで「プロフィールページに問い合わせフォームを表示する」を選ぶと、会員は自分のプロフィールページから問い合わせを受けることができるようになります。メールアドレス自体がユーザに公開されることはありません。問い合わせフォームから送られた内容は、アカウントページで登録したメールアドレス宛に送られます。別の方法で連絡を受けたい場合は、その連絡先情報を掲載してください。

お問い合わせ